プロフィール

季明みたいな人物

Author:季明みたいな人物
ふと思ったことや 日常の出来事についてかいてくと思います
いつも寝ぼけつつ書いてるんで

大体の文章の内容が意味不明です
そもそも文章力ないし・・・。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/03 (Sun) 01:40
あゆまつり

えーっと、本日は午前に野球の練習をして、昼に座間市まで教祖氏(クラスメーート、初登場)の自転車を直しにいってそのまま午後に祭りに行くというハードスケジュールをこなしてきた季明です^^;;。

まぁことの発端は午前8時11分に起床し9時に集合を忘れて8時半までだらだらしてたあたりまで、召し食った後ごろごろしてたところまで戻ります。突如そんなことああったことを思い出し、荷物をまとめて自分の部屋をだらだら出発!

本日は朝から翁氏とその愉快な仲間とkobaさん(と自分)によって中学校のグラウンド(勝手に使っていいの?)で、野球練習をすることになっていたのであった。

ところが、9時に滑り込むこともなく、ギリギリでもなくぴったしに9時1分にグラウンドに着いた、季明画目にしたものとは? 9時ちょうど(1分アウト)のグラウンド、そうそこに待ち受けてたのは誰もいないという現状だった!!
まぁ、めんどくさいんでその辺をうろうろしながら待つことにした季明は、携帯のなっているのに気づくのだった。そして、電話から聞こえてきたのは聞きなれない男の声・・・・ではなく幾度と聞いてきた翁君の声であった。

「季明~、グラウンドいるの?OK今行くから~」(たしかこんなことを言ってた)

そう、待つこともしないで1分後(もしてないか、その辺うろうろしてたとき)
何食わぬ顔で彼の家と反対の方向から自転車に乗った少年がかけてくるではないか!!(それにしてもどこいたんだ?)
しかもその少年は、中学校のしたジャージに上ユニホームっぽい服という服装できたのだった、
何をやり始めるか知らぬ自分は自分が普通に私服を着てていいかを疑問に思いつつ、キャッチ簿^るてきなことをはじめた、すでに日は昇り戦いの火蓋は切られていたのだった。

とまぁなんだかんだで移動も含め11時半ぐらいまで練習的なことをしたところで、教祖氏から電話がかかって来たのだった~
どうも、自転車の後輪のブレーキの調子が悪いらしく、調節を頼まれたのだった~

理由を話し、途中離脱で座間市に向かう自分
「12時までに帰って来い」というkobaさんの要求にこたえようと(もっとも目的地に着いたとき12時5分だった)汗をかきながら走り、そのまま、鮎祭り会場へと向かいましたとさ。

しかし、翁君御一行にはなかなか落ち合えない、最終的に厚木に向かった翁と合流する前に、山原+三角21(テツオ)君らと合流することになったのだ、

彼らとしばらく祭りを楽しんだ後、海老名にもどりわいわい騒いだ後、なんだかんだ解散みたいな感じになったのだった。

その後、花火も見れ満足しながらかえってきたわけでした。

結果的に、迷子になったり集合できなかったり生き別れになったりしたが(笑)、とても楽しかったと思う。

花火は、大小さまざまな花火を見れて良かったと思う、なんというか、感動しました。


やっぱし夏は、祭りと花火ですね~^^;
ただ、祭りのほうはもう少し小規模のほうが、
回りやすかったかもしれません。人が多くて大変だった~^^;


というわけで一日の報告でした。                  季明
スポンサーサイト

<< つかれたやい | ホーム | ぐるめの旅 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。